2018年6月21日木曜日

夏 至

今日は二十四節気の夏至です
一年で最も昼の時間が長い日になります
そんな今日は、朝のうちは曇り空だったものの
次第に晴れ間が広がる、気持ちのいい一日になりました
木漏れ日落ちる森をふらふらと歩く
僕が好きなブナの木まで
林床で目立たないように咲くコケイラン
今年も見ることができました
陽射しを浴びるコシアブラの葉がツヤツヤ光って
風で揺れる葉が木漏れ日を動かし
林床にきれいな模様を描いていました
今年の夏は
陽射したっぷりの夏になるといいですね

2018年6月20日水曜日

山へ出掛けよう!

ようやく暖かな陽気が戻ってきた八甲田
ヤマセの冷たい風が収まってきたようです
初夏の陽射しが降り注ぐ高原を散歩してきました
久しぶりの青空が気持ちいい
つつじの小径沿いに咲くベニバナイチヤクソウ
木陰でひっそりと咲いています
陽射しに向かって咲くウマノアシガタ
マルバシモツケの花
小さな虫たちがたくさんくっついていました
山が気持ち良く感じられる季節になりました
田代湿原、グダリ沼、雛岳登山と
いろいろ楽しみ方ができる田代平へ
みなさんどうぞお越し下さい


2018年6月18日月曜日

初夏の湿原で

朝からぬるい風が吹いていました
ヤマセの風に少しだけ暖かい空気が混じったようです
ヤマセが吹き始めてからちょうど10日
高曇りの空の下、田代湿原を散策です
フキの葉にしっかりと掴まっていたエゾハルゼミ
ここのところの寒さに負けず
また今日、鳴き出しました
強いもんです
今はニッコウキスゲの花が真っ盛り
ニッコウキスゲの中で休む人たち
「お茶としとぎ餅どうぞ」と
僕にまでご馳走してくれました
今年はニッコウキスゲも
たくさんの花を咲かせています
木道で羽を休めるカオジロトンボ
青森では八甲田山系でしか見ることができない
希少なトンボらしい
見頃は過ぎたとは言え
まだまだワタスゲも楽しめます
 
夏らしい色のニッコウキスゲや
飛び交うトンボたちが
初夏を感じさせる田代湿原です
 
 

2018年6月17日日曜日

川で出会ったかわいいヤツ

いまだ緩いヤマセは続くものの
昨日までの肌寒さは少し和らぎ
今日は久しぶりに山並みを見ることができました
春からまだ出掛けていなかった井戸沢へ
高原にまだ残っていたレンゲツツジ
雛岳、高田大岳、赤倉岳と
雲に覆われていた山々が姿を見せて
井戸沢のきれいな流れを楽しみながら
「イワナでもいないかな」と、岩を渡り歩いて行くと
「おっ!?アガハラだ!」
大きな岩の上に佇むアカハライモリを発見
鼻先を触っても背中をさすっても
まったく動く気配なし
“小さな恐竜”と言ったところです
僕が小学生の頃
高原にある沼に多く生息していて
よくそこでこのアガハラで遊んだものです
この歳になって久しぶりに出会い、懐かしい想いでした
川岸で咲いていたシウリザクラの花
少し時間をおいてからまた見に行くと
アガハラはまだそこに佇んでいました
またここに出掛けた時に、会えるといいな
 


2018年6月14日木曜日

水際で鮮やかに

いまだ風は少し冷たいものの
今日の箒場の辺りは晴れ間がのぞいていました
せっかくの晴れ間
午後、お目当ての花を観にグダリ沼に出掛けてきました
流れる湧き水の音だけが聞こえる静かなグダリ沼
下流ではカルガモが悠々と餌探しをしています
陽射しを受け、水の中で揺れるバイカモ
緑の濃さが増してきました
そんなグダリ沼のほとりでは今
オオタカネバラの花が咲いています
冷涼な気候を好むと言われるこの花
水際で鮮やかに咲いています
水面に映るオオタカネバラ
初夏の様相が増してきたグダリ沼
そんな誰もいないグダリ沼で
ひとり、静かな時間を楽しんできたのでした




2018年6月13日水曜日

雨の森

今日も朝から小雨が降る
肌寒い、グズついた天気になりました
6月に入って暖かな日が続いていた時には
「ひと雨欲しいな」なんて思っていましたが
ここ数日の寒さと雨に今は
「いつまで続くんだべ」そう思わずにはいられません
傘を差し、雨の森を散歩
幹を伝う雨の滴が木肌を鈍色に
ギンリョウソウには雨が似合う
店の裏で咲くヤマオダマキ
この寒さが来る前まで森で鳴いていた
エゾハルゼミたちはどうしていることでしょう
また暖かくな日が来た時に
寒さを凌いだ蝉の鳴き声が聴きたいものです

2018年6月11日月曜日

梅雨入り

先週までの暑さはどこへやら
週末土曜日から続くヤマセで肌寒い田代平です
東北地方もいよいよ梅雨入りとのことですが
午前中、わずかに陽が射したので
今日も田代湿原へと出掛けてきました
高田大岳の左側に見えるはずの雛岳は
ヤマセの雲にすっぽりと覆われていました
田代湿原に咲き出したニッコウキスゲ
初夏を感じさせる色です
レンゲツツジもまだ鮮やかに
モウセンゴケも丈を伸ばしてきました
今日もたくさんの来訪者で賑わった田代湿原
ヤマセの強い風に揺れるワタスゲ

梅雨入りも、この涼しさは
花たちを長持ちさせてくれそうです
ワタスゲと色とりどりの花が競演する田代湿原
梅雨の晴れ間があったなら
みなさんもどうぞお越し下さい

2018年6月9日土曜日

高原で紅く、森で妖しく

昨日までは山でも半袖で過ごせるほどの陽気でしたが
今日は天気は一変
緩いヤマセの風が吹く、肌寒い一日になりました
昨日の夕方、高原をひと歩き
至るところでレンゲツツジが花を咲かせています
今年は花付きがいいようで
緑濃い高原で紅く咲く
そして、今日
午後にはガスが森まで入り込み
久しぶりにしっとりとした森になりました
その森で妖しく咲くギンリョウソウ
林床に真っ白な姿で
寄り添うように立っています
これもツツジ科だと言うのは驚きです
暑い日が続いていたので
今日のこの涼しさと霧雨は
森も植物などの生き物もさっぱりしたことでしょう

2018年6月7日木曜日

雛岳日和

高校総体の登山競技でも利用された雛岳
5月の下旬頃には登山道の雪も消え
夏山を待ちわびた登山者も見られました
僕自身行きたかった雛岳に、今日出掛けてきました
僕が決めている最初の休憩ポイントに到着
シナノキ越しに赤倉岳を眺める
気温が高く、汗びっしょりでした
「おっ!ムラサキヤシオあった!」
時期が遅くなったので
半ばあきらめていたのですが
登山道沿いのムラサキヤシオツツジを
見ることができました
山頂間近で咲いていたツマトリソウを愛で
そして、雛岳山頂到着です
いつも通り
高田大岳から赤倉岳までの山容が
屏風のように眼前に聳え立っていました
濃い緑と残雪が鮮やかな高田大岳
山頂に30分ほど滞在し下山開始です
シナノキやブナの葉が創り出す木陰を
気持ちよく歩いて
店へと戻ったのでした

途中で出会った登山者は4人
みんな汗をかきかき山頂へ向かって登っていました
きっとみんな、快晴微風の山頂を楽しんだはずです
まさに雛岳日和の一日でした