2018年5月27日日曜日

午後の陽光

朝から青空が広がった日曜日の今日
午前中こそ少し冷たいヤマセの風が吹いたものの
午後にはその風も止み
暖かな午後の陽光が降り注いでいました
午後遅くのグダリ沼
陽射しで水面が輝いて
夏に向け、水中で茎を伸ばし始めたバイカモ
鮮やかな緑です
グダリ沼でもレンゲツツジが咲き始め
水際で咲くエゾノコリンゴ
赤倉岳の残雪とレンゲツツジ
好天に恵まれたこの週末
雪解けが進み登山道がすっかり出た
雛岳登山を楽しむ人の姿も見られました
山に出掛けるのが気持ちのいい季節です

2018年5月26日土曜日

木陰で憩う

葉が出揃った箒場の森は陽の光が遮られ
風で揺れる葉が、木漏れ日をも揺らしています
空を見上げ、生い茂る葉の向こうに青空を見る
高校生たちのテント
来週から始まる全国高校総体県大会登山競技の為
合宿に来ている高校生たちのものです
ブナの木肌に木漏れ日が
木陰で咲き始めたズダヤクシュ
この時季はもう陽射しが強く
木陰で憩うのが気持ちのいい季節です
春から初夏へ
季節の移ろいを感じます

2018年5月25日金曜日

新緑と残雪と

今日は雨が降ったり止んだりと
グズついた天気でしたが
昨日はきれいな青空が広がる、清々しい一日でした
きれいな山並みを見に牧場へと出掛けてきました
牧場から山並みを望む
山裾の新緑と斜面の残雪がきれい
牧場にある湿地に咲いていたコバイケイソウ
アズキナシの花
小さな白い花がかわいい
初夏の田代平を彩るレンゲツツジ
ここのところの陽気で早咲きの花が
ちらほら咲き出して
羽化したてのエゾハルゼミ
ことしもこの姿を見ることができました
緑が濃くなった裏の森では
たくさんのエゾハルゼミが鳴きわめいています
 
麓から見る山の残雪もずいぶんと消えました
野に花が咲き
森の木陰が気持ちのいい季節になりました



2018年5月23日水曜日

久しぶりに蔦沼へ

店に来る蔦沼に出掛けて来たお客さんの話を聞いて
蔦に行ったことがないと言うカミさんが
「蔦沼に行ってみたいなぁ」そう口にしていました
僕自身、何年も出掛けていない蔦沼へ
早起きして、二人で出掛けてきました
静穏な早朝の蔦沼
水面に周囲の景色がきれいに映り込んでいました
周囲の森ではエゾハルゼミが鳴き
足元の水際ではイワナがライズする
「きれいだねぇ」と、写真を撮るカミさん
遊歩道沿いの流れを楽しみ
トチノキの大木を見上げる
長沼の東屋でおにぎりをほおばりながら休憩
そして蔦温泉への遊歩道を辿り
朝の蔦沼巡りを終えたのでした

このブログ≪箒場便り≫を始めたのが2010年5月
その始まりの題材にも利用した蔦沼に
僕自身、8年ぶりに出掛けたことになります
まだ新緑の色が残るこの時季の蔦沼は
きれいで神秘的で
そして生命力にあふれていました

2018年5月21日月曜日

田代湿原の花も早咲きで

今日もきれいに晴れ渡った八甲田
朝から暖かな陽射しが降り注いでいました
田代湿原が開放されて一週間が経つので
花の開花具合を見に出掛けてきました
雛岳、高田大岳、小岳、赤倉岳
雲ひとつない青空の下、山並みを望む
すっかりと開ききってはいませんが
もうワタスゲの果穂が見られます
木道沿いにワタスゲ
可愛らしいピンクの花を咲かせるヒメシャクナゲ
鈴なりに咲いています
お陽様に向かって咲くチングルマ
強い風に、池塘にはさざ波が
 
足元ではカエルが
周囲の森ではエゾハルゼミが
風の音に負けまいと、一生懸命鳴いていました
寒い日があったにもかかわらず
田代湿原の花も早咲きのようです
花の見頃を見逃さないようにしないとね


2018年5月20日日曜日

春を迎えたグダリ沼

寒い日が続いていましたが
今朝はようやくきれいな青空が広がっていました
午前中、久しぶりにグダリ沼へと出掛けてきました
        冷えた昨夜は高い山では雪になったらしく
山の上は、白く化粧していました
春を迎えたグダリ沼
緑に包まれて
上流の湧き出し口からは
湧き水が勢いよく流れ出しています
ちゃぷちゃぷと音を立てて流れる湧き水
青空を映す水面がきれいです
しばし山を眺めて店へと戻りました

何年、何十年と変わらず
水を湧き出し続けるグダリ沼
その穏やかな風景に、訪れる人が多い場所です
僕自身、また今年も秋まで
何度も足を運ぼうと思っています
 
 

2018年5月19日土曜日

新緑の森に雨

つい数日前は
山でも半袖で過ごせるような陽気だったのに
昨日今日と箒場の辺りは
ヤマセの風にのって冷たい雨が降り続いていました
店の外の気温は5℃程と、季節が逆戻りしたようです
新緑の森に雨
降り続く雨に、森には水たまりが
しっとりと濡れたブナの木肌
雨の日ほど緑が鮮やかです
若葉から落ちる冷たい雨の滴の音が
森全体にしていました

「こったに寒くて(先日まで鳴いていた)春蝉どうしてるべ?」
そんなことを考えながら
少しの時間、裏の森を歩いてきました

2018年5月17日木曜日

木漏れ日を浴びて

今日の八甲田はおおむね曇りや霧だったようですが
箒場のあたりは時折陽が射す、穏やかな一日でした
木漏れ日が落ちる森を歩くと
木陰にひっそりとシラネアオイが咲いていました
時折吹く強い風に揺れて
大きなブナの木の下で咲くオオバキスミレ
鮮やかな黄色が林床に目立ちます
暖かな陽射しに森の中では
もうエゾハルゼミが鳴き出しました

森に降り注ぐ木漏れ日を浴びて
いろんな生命が息づいています


2018年5月16日水曜日

ムラサキヤシオツツジ

箒場で過ごすようになってここ数日
店へと向かう道すがらに
鮮やかな色合いの花が目につきます
僕が大好きな花、ムラサキヤシオツツジです
店からチャリンコに乗ってその花を観に出掛けてきました
今日は山も暑い一日でした
雪解け水が集まる井戸沢も
ゴーゴーと音を立てて水が流れています
その川のたもとの新緑の森で
ムラサキヤシオツツジは咲いていました
鮮やかな紅紫色の花
木漏れ日を浴びて気持ち良さそうな花
その鮮烈な色合いは
新緑の森でひと際目立っています
雛岳登山道沿いにもあるムラサキヤシオツツジ
今度は雛岳に観に行こうかな

暑い一日を過ごした夕方
「もしや」と思って店の裏の森を歩いてみると
やっぱりありました
エゾハルゼミの抜け殻です
そんな季節になっていたんですね
明日からは雨予報になっていますが
天気が上がれば
新緑の森で一斉に鳴き出すことでしょう