2019年7月21日日曜日

木陰に咲く

7月も後半に差し掛かかり、夏本番のはずですが
依然としてすっきりとしない天気が続いています
陽射しこそあるものの、ヤマセの強い風が吹き続き
本格的な暑さはまだ先になりそうです
高原では強い風が吹くも
森の中に入るとうそのような穏やかさです
 林床で木漏れ日を浴びるウメガサソウ
森で木陰に咲くこの花を
探して歩くのが僕の夏の恒例です
エゾアジサイも咲き揃う
気温は夏のそれとはほど遠いのですが
陽射しはこの時季本来の強さです
そのわずかな陽射しを受け
いろんな生命は夏を感じとるのでしょう
暑くなるまで、あと少しの我慢だ



2019年7月19日金曜日

ノハナショウブ

例年だととっくに咲いている高原のノハナショウブ
今年はヤマセで気温が低い状態が続いていたので
なかなか目にすることができずにいました
今週初めにも花を確認できずにいたのですが
しとしとと雨が降る今日、再び出掛けてみると
ノハナショウブが咲いていました
去年と比べて10日程遅い開花です
雨に濡れる紫の花
雨の滴が良く似合う
近くにはオトギリソウの花も
雨でも元気に飛び回っていたヒョウモンチョウ
ノハナショウブには毒性があり
放牧地では牛馬が食べずにいたとも言われています
レンゲツツジと一緒なんですね
天気が上がったら、もう一度観に行こう!
 

2019年7月18日木曜日

ようやく夏らしく

昨日辺りから長く続いたヤマセがひと段落し
ようやくこの時季本来の気温になってきました
とは言え、まだ梅雨明けとはいかず
昨日今日と蒸し暑い山でした
雨続きだったからか
森の中ではスギゴケが勢いよく
店の周りで咲き出したエゾアジサイ
涼やかな色合いです
半袖で過ごせる程の陽気に
「このままあっつくなってければなぁ」
そう思っていました
梅雨明けまであと少しだ!


2019年7月16日火曜日

見頃を迎えたヤナギラン

6月から続くヤマセにより
例年より気温が低い状態が続く田代平
この時季に見られる花は、みんな開花が遅れています
そんな中、高原に咲くヤナギランが見頃を迎えました
上空は青空も
山を覆うヤマセの低い雲が雛岳と高田大岳を襲う
高原の一角に咲くヤナギラン
ようやく見頃を迎えました
きれいな色合いです
写真を撮る人も楽しみにしていたようで
涼しい日が続いているので
今月いっぱいは楽しめるでしょう

明日以降、ようやく気温も少し上がり
強いヤマセは解消していくようです
天気が回復したなら
みなさんもどうぞ足をお運び下さい


2019年7月14日日曜日

夏の森歩き

夏を迎え、雛岳の山裾の森は薄暗く
連日のように降る霧雨でしっとりしています
風は再びヤマセでしたが
少しだけ青空がのぞいた朝
お目当てのブナの木まで散歩です
幹の上部で折れ、立ち枯れとなったブナのもとへ
ぽっかりと見える青空が
この木が大きかったことを物語っています
崩れ落ちた太い枝が地面に横たわり
その枝の一部には
この時季によく見られるウスヒラタケが
たくさん生えていました
戻りには樹皮だけで立つブナに立ち寄って
木陰にひっそりと咲くウメガサソウ

写真を撮っている間に眉間を蚊に刺され
ぷっくりと腫らして店へと戻りました
夏の森歩き
鬱蒼とした森ではもうじき
コエゾゼミなどの夏蝉が鳴き出すはずです

2019年7月13日土曜日

田代湿原にキンコウカ

長く続いたヤマセもひと段落したのか
今日は朝から暖かい一日となりました
今週初め、わずかに咲いていたキンコウカの
咲き具合を見に、田代湿原へと出掛けてきました
夏らしい青空が広がって
咲き始めたキンコウカ
そこかしこで黄色の花を咲かせています
池塘にはスイレンの花
涼やかな色合いです
モウセンゴケも勢いを増し
ルリイトトンボも見られるようになりました
もうじき湿原を
キンコウカが黄色に染めるでしょう

ここに来て、気温の低さからか
遅れ気味だった夏の花がようやく咲き始めました
山の涼しい風を体感しに
みなさんも足をお運び下さい



2019年7月12日金曜日

夏へと一歩

全国的に梅雨寒が続いているようですが
八甲田もいまだぐずついた天気が続いています
今日も朝から雨模様の一日となりました
それでもそこかしこに
夏へ少しずつ向かっている様子が見られます
高原で雨に濡れ咲くウスアカノイバラ
通常のノイバラの花より
花びらがピンクがかっています
夕方には、わずかな時間陽射しが
濡れた林床を照らす
その林床で見つけた雌のミヤマクワガタ

こんなに気温が低い日が続いていても
花や昆虫は時季にはちゃんと見ることができます
力強いものですね

2019年7月10日水曜日

今日の雛岳

連日ヤマセの風が強く吹く田代平
それでもヤマセ特有のガスはかからず
朝から青空が広がっていました
「よしっ!雛岳行ぐど!」
そそくさと身支度を整え、雛岳に向かいました
いつもの場所で、いつものように休憩を
そしてピークへと向け急登を行く
雛岳山頂に辿り着く頃には
山は雲に覆われていたのですが
やがて雲は風に押し流され
いつもの眺めを目にすることができました
きれいだったなぁ
積雪期に滑る赤倉岳の斜面
残雪もあとわずかとなりました
雛岳山頂で咲くハクサンボウフウ
コメツツジの花も咲き始め
今日の雛岳もいい山でした

2019年7月7日日曜日

霧の森

この週末、ヤマセは強さを増し
田代平一帯は真っ白な霧に包まれていました
気温は一段と下がり
細かな雨が横殴りに降り続けています
木々の葉についた雨粒は林床に滴り
森は十分すぎる水分でしっとりしています
森の中まで霧が入り込んで
そんな霧の森に一瞬の陽射しが
 
梅雨の終盤には
オホーツク高気圧が張り出して
太平洋側の地域に冷たい風をもたらします
それがヤマセです
こんな天気も毎年の事
梅雨が明けるまで
もう少し、こんな天気とお付き合いです


2019年7月5日金曜日

夏色の草原

グズついた天気が続き
気温も低めで推移する今年の八甲田の梅雨
そんな中でも花たちは時季を敏感に感じ取るのか
いつも通りに草原を彩っています
青空が少しだけのぞいた午前中
静かなグダリ沼へと出掛けてきました
そのグダリ沼に向かう草原では
キバナノニガナや
ブタナなどの
夏を感じさせる黄色の花たちが
一面に咲いています
ひざ丈ほどに伸びて咲く花たちは
草原で気持ち良さそうに風に揺れています
そんなに珍しい花でもありませんが
山の草原に一面に咲く花の中で時間を過ごすのも
気持ちいいものですよ
 


2019年7月4日木曜日

高原にヤナギラン

梅雨本来のすっきりしない天気が続く八甲田
厚い雲にさえぎられ陽射しは弱く
気温も低めに推移しています
それでも「時季だしなぁ もう咲いでるがもな」
そう思い、ヤナギランの様子を見に出掛けてきました
「やっぱり咲いでら!」
かつて牛の放牧場として利用されていたこの地に
ヤナギランは咲いていました
きれいな色合いです
そばに咲くノイバラの匂いがかぐわしい
そよそよと吹く風に揺れるヤナギラン
夏が近いことを感じさせてくれる
僕が好きな花のひとつです
帰りには川に立ち寄って
 
田代高原で見ることができるヤナギラン
代表的なのは県道40号沿いの原っぱにあるのですが
そちらの方の開花はまだのようです
その様子はまた後日お伝えします