2018年9月24日月曜日

流れと紅葉

麓から見る山並みは少しずつ色付いているものの
箒場の森はまだまだ緑です
「川歩きすれば色付いた木あるがな?」
そう思って、井戸沢に出掛けてみました
川の周りの木々はまだ緑です
赤く色付いたハウチワカエデ
木々には個体差があって
特に水辺では
他の木より早く紅葉し出す木を見ることができます
水面に映る木々と空
高原で真っ赤に色付くズミの実
 
流れと紅葉
秋になると是非見ておきたい風景のひとつです

2018年9月23日日曜日

森を創る小さな命

昨日は強いヤマセの風が吹き
終日横殴りの雨が降っていました
明けて今日
山は朝からきれいな青空が広がりました
きのこを探しながら少しだけ森歩きです
いつものブナの木へ
今年は春から風が強い日が多く
太い枝が幹から折れていました
年老いてきているんですね
欠け落ちたブナの枝についた苔
胞子嚢をたくさん伸ばしています
林床にチシオタケ
摘み取ると柄から真っ赤な液が出て来ます
不思議なきのこです
 
森をひと歩きしても
お目当てのサモダシはまだ出ていませんでしたが
これらの小さな命が森を創り出していることを実感して
店へと戻ったのでした

2018年9月21日金曜日

深まりゆく秋

今は彼岸の頃です
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われますが
山も朝晩と日中の寒暖差が大きくなってきています
高原のススキ越しに見る山並み
きれいな秋の青空が広がっていました
高田大岳も少し色付いてきたようです
それでも森に踏み入ると、夏らしい緑のまま
林床で真っ赤に色付くユキザサの実

写真展で忙しくしている間に
ずいぶんと秋が深まってきているようです
これから八甲田は錦秋を迎えます
雪をまとう前に色鮮やかな山になるのです
みなさんもどうぞ山へ
本当の秋を体感しに来て下さい

2018年9月20日木曜日

≪田代の森の写真展≫点描day3,4

たくさんに来場者で賑わった写真展
その後半の会場の様子です
木漏れ日が射す森で
みんなゆっくりと過ごして行きました
Kakuちゃん、Roriken、Miwaちゃん
「やっとこの写真展に来れた」
笑顔でそう言うMiwaちゃんたちは
この後Cyuheiと、作品にもあった赤沼へ
YumiちゃんとパパのYoshiya
急に背が伸びたYumiちゃんにびっくり
子供たちにも大人にも人気があった
クジャクチョウを捉えた写真
その前でAL CENTROと息子のSorata
立て込むイベントスケジュールの中
来場してくれた八戸のNozatoさん
久しぶりの箒場を堪能した様子でした
FULLMARKSのTeio、Uru
そして矢上整骨院院長Katano
連休を利用して青森にサーフキャンプです
肉付きのいい彼らに
「痩せてるようには撮れないからね」と言うと
みんな少しだけお腹を引っ込めてました
よく来てくれたね
ハコスカに群がる男たち

今日の帰り道
山のシルエットがきれいで

今年の写真展も多数ご来場頂き
本当にありがとうございました
来年の写真展をどうぞお楽しみに






2018年9月19日水曜日

≪田代の森の写真展≫点描day1,2

月曜日まで開催された僕の写真展
あっと言う間に四日間が過ぎました
日曜日の真昼間に雨に降られると言う
ちょっとしたハプニングはありましたが
好天の写真展にみんなの笑顔があふれていました
木漏れ日が作品に射して
CyappyとHisako
初日に早速の来場です
RieさんとSachikoさん
僕の写真を観覧したあとは星空ロープウェーへ
どちらも好天に恵まれて良かったね
新婚ほやほやのYoshio夫妻
いいね!
ShinboさんとSonomotoさん
冬のお客さんたちも遠くから足を運んでくれて
この日の夜はツキヨダケキャンプでした
毎年欠かさず来てくれるNon,Megu
そして可愛い子供たち
どんぐり拾って、原っぱで遊んで
Souetsuとパパ
箒場に来ると、いつも楽しそうにしています
中学校時代の担任だったMasuda先生
たまたま店に立ち寄ったのですが
僕が森に案内して写真展を観てもらいました
昔と変わらぬかくしゃくとした姿です
昔話と近況を語り合い、二人で盛り上がりました

明日はday3,4をお送りします










2018年9月17日月曜日

写真展を終えて

先週末から開催していた
≪田代の森の写真展2018 箒場便り≫は
今日が最終日でした
朝からの穏やかな天気に多くの人が来場し
夕方まで途切れることなく
森の中での写真展を楽しむ人が見られました
僕が過ごすここ田代平の箒場をメインに
冬にガイドとして活動する八甲田山域の写真は
僕の一年間の歩みでもあります
店の裏に広がる気持ちのいい森で
みんなにその一年の流れと
さまざまな生命の息吹を感じてもらえたなら
この写真展を開催した意義が少しはあるのかもしれません
またこれから先の一年
当たり前のようにここで過ごして
その日々を収めていきたいと感じています
毎年来てくれるFukuoka家
背丈はお父さんを越えたんじゃないかと思える程
大きくなったSyunsukeお気に入りの写真の前で
夕暮れ時、片付けを終えいつもの森に
この頃、吹く風は冷たく感じるほどでした

この写真展を開催するにあたり
プロデュースしてくれたSugarman filmsの伊藤氏を始め
多くの方からたくさんの応援や励ましを頂き
本当にありがとうございました
またご来場頂いたみなさんに
重ねてお礼申し上げます
今回展示した作品は、今後
店内に展示してみなさんに観て頂こうと思います
これから秋本番となる八甲田
紅葉の頃、またこの森に遊びに来て下さい

 

2018年9月16日日曜日

好天から雨に

≪田代の森の写真展2018 箒場便り≫は
今日が会期三日目
朝から青空が広がる好天に
「今年の写真展、天気続いていいなぁ」
準備をしながらそう思っていました
早朝の山並み
きれいな青空が広がっていました
写真の展示も準備万端
汗ばむほどの陽気でした
お昼時を迎え
毎年観覧しに来てくれる顔が見え始めた頃に
急な雨になってしまいました
ほんの20分位の間
箒場一帯は強い雨が降っていたのです
雨に当たられた作品群でしたが
プリントされているのはキャンバスとあって
その後表面は乾いてまた元通りに
雨の日も傘をさして楽しめるのかもね
お母さんのNaoちゃんに抱っこされるYuzuna
 雨上がり、どんぐり拾いを楽しんでいました
 
写真展は明日が最終日
みなさんが気持ち良く過ごせるよう
明日も朝から準備します