2017年9月25日月曜日

秋晴れ

少し前までは秋めいてきた感じだったのに
先日の台風が過ぎ去った後は本当の秋になった山
麓から望む山並みは色付き
その上に広がる空は秋特有の青さです
日の出も遅くなってきました
午後の陽光
秋晴れの一日になりました
青空にトビが舞う
赤く色付いたコマユミの葉
森に夕陽が射し込んで

日中は暖かいのですが
朝晩の冷え込みは強くなってきています
秋晴れの日には
おもてで陽射しに当たりたくなるものです


2017年9月24日日曜日

賑わう山

昨日の土曜日はお昼前から
あいにくの雨になってしまいましたが
今日は一日中いいお天気に恵まれました
好天の日曜日、山は賑わいました
朝の雛岳
今日はたくさんの登山者が見られました
グダリ沼を俯瞰する
数日前に比べ周囲が色付いた感があります
赤く色付いたレンゲツツジの葉
高原に咲くアオモリアザミはまだ鮮やかに
 
登山に、きのこ採りに、紅葉見物にと
山が賑わう時季になりました
穏やかな日があったなら
みなさんも山にお出掛け下さい



2017年9月22日金曜日

終日の青空に

今朝は早起きして山へと向かいました
季節が進んで日の出も遅くなり
放射冷却の影響か、ずいぶんと冷え込んだ朝でした
店の向かいの山から陽が登る
七戸町営石倉牧場より山並みを望む
色付き始めた山々の上には
きれいな青空が広がっていました
早起きしたのは波乗りに出掛けたから
真っ青な海もきれいでした
暖かい陽射しを受けてキラキラと輝く海
そしてまた山へ

久しぶりの終日の青空に
すっきりとした気分になりました

2017年9月21日木曜日

色付き始めた山

寒かった夏を過ごした上に
先日の台風や雨などが影響したのか
今日久しぶりに見た山々は色付き始めていました
雛岳の斜面も所々紅葉しています
高田大岳の上部は茶色っぽくなってきて
陽が射し込んだ赤倉岳の斜面は黄色に
森の中はまだこんなに緑なのにね

例年10月の上旬には
山の上が雪で白くなる日があります
「はえ~なぁ、もう9月も終わるよな」
今日店に立ち寄った隊長と話していました
真っ白な雪に覆われる前に、これから山は錦秋を迎えます

2017年9月20日水曜日

グダリ沼にも秋の気配

朝から南風が吹いていました
予報では昼過ぎには雨とのこと
高曇りの空の下、グダリ沼に出掛けてきました
久しぶりのグダリ沼
周りの木々もだいぶ色付いてきました
バイカモの花が咲く
バイカモの花は今が盛りです
水面に茎を伸ばし、競うようにさいています
湧き水の中にドングリ
流れのそばにあるナナカマドの実は
もうすでに真っ赤に色付いています

遠目に見る山の斜面もずいぶん色がついてきました
そして、グダリ沼にも秋の気配がやってきたようです

2017年9月19日火曜日

台風一過の森へ

「写真展にこんな天気だったらなぁ」そう思わせるほど
朝からきれいな青空が広がっていました
いろいろ片付けもあるのですが
とりあえず、森に散歩に出掛けました
森に陽射しが降り注ぐ
昨日の台風18号の影響で
林床にはホオノキの実や
たくさんの小枝が落とされていました
緑の苔がきれい
苔に覆われたブナの倒木にナメコ
傘のぬめりに空が映ってきれいです
丁寧にこの木を確認しましたが
出ていたのはたったの5粒
そのままにして帰ってきました
台風一過の森へと足を踏み入れ
賑やかだった写真展を思い返していたのでした
 


2017年9月18日月曜日

≪田代の森の写真展 箒場便り≫森に笑顔

当初、四日間の会期の予定だった写真展ですが
台風18号の影響で最終日の今日は中止となりました
初日からの三日間
作品が飾られた森には多くの人が訪れてくれました
その森でのみんなの表情を
木漏れ日がきれいな会場
Shige,Sakai,Chappy,Shibaちゃん
冬の八甲田で顔を合わせる4人が
冬の八甲田の作品を前に笑顔
Kurauti親子
子供たちがどんどん大きくなってます
ShigeoとInuma Yuzunaちゃん
人見知りしなくなったYuzunaは
みんなに可愛がられていました
Shigeを真ん中にSonomotoさん、Shinnpoさん夫妻
久しぶりに会ったShigeが少しばかりぽっちゃりしてたので
撮影位置がどうちゃらこうちゃらと
みんなで爆笑していました
岩手からのAbeさん夫妻
こちらも冬に八甲田にやってくる二人です
雛岳登山と写真展
両方楽しんでやっぱり笑顔です
Fukuoka家
写真を観た後に渓流釣りに三人で出掛けてきました
息子のSyunsukeは最近釣りが絶好調らしい
みんなを笑顔にできる場所が
こんなそばにあることにいつも感謝しています
この企画がみんなが山を好きになってくれる
きっかけの一つになってくれたら
こんなに嬉しいことはありません
これから山は本格的な秋へと向かいます
色付き始めるこの森に、また足をお運び下さい
 
今日の森